2008年10月31日

Please Mr. Lostman

コニチワ。
この街で一番ダメな男・ショウイチです。
大好きなものはギネスビールと、カレーライスです。


「一寸先は闇」なんて言うけどさ、
「闇」ってのは「真っ暗」「希望がない」ってことじゃなくてさ、「先はまだ見えない・誰にもわからない。」ってことなんだよね。
もう少しネガティブな意味合いの言葉だと思ってた。
確実に未来が見える人なんていない。でもそれを可能にできるのが唯一「信じること」だ。
未来が見えないのはみんな一緒だから、確実に、一歩先をみればいいんだよな。二歩、三歩先へいっきに跳ぶことはできない。そしてそうすれば足を踏み外すことも、ない。

今、楽しい、幸せな人、それをこれからもより良くしていくために、明るい未来へ、今、できることを。
今、悲しい、苦しい人。生傷はやがてカサブタとなり、いずれ少しずつ、癒えてゆく。時間は時には敵だけど、時には君を救ってくれる。
明るい未来へ、今、できることを。

一歩先が闇なら、自分で灯りを灯してさ、明るくすりゃ、いい。
「一寸先は闇」
スゲエポジティブな言葉に思えてきた。
自分が変わればさ、周りの景色も違ってくるもんだよね。

そんなことをふと、思った10月最後の寒い朝。

最近よく聴いてる大好きな唄です。
http://jp.youtube.com/watch?v=Njj9_Lxyy3c&feature=related




posted by 成田翔一 at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

happy happy

おはようございます。
昨日は一日リンゴ運び、頑張りました。
キツイ仕事ですけど心底楽しいです。
肉体を酷使した後のbeerは格別だしね!

んで、ラジオ出演。
パーソナリティーのkoyomiさんが一番緊張してて、時間を間違えて番組を早く終わってしまう始末 笑
誰にでもどんなことにでも、「初めて」ってのはあるからね、次に活かしましょうね、koyomiさん 笑

最近常に考えているのは、
「自分は今一番に何をするべきか」
ということ。
どんな逆境でも、常に前を向いて、最善手を打ち続ければ、必ず光が待っている気がします。
「一番の敵は自分」
これだけは変わらないなぁ・・・

そしてみんなでHAPPY HAPPYになりましょう。
ハッピーハッピーとは俺の親友Y君の口癖。笑
最高です。


posted by 成田翔一 at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

apple

おはようございます。
時刻は7時。

今日もリンゴ運びのお手伝い。
リンゴの街弘前に住んでいて、そしてそこで第一次産業に従事できるということは、「現場を知る」という意味でもとても意義のあることです。
作り手、売り手の気持ちを知ることで初めて、「弘前のリンゴは素晴らしいよ!」って言えますからね。

しちめんどくさい話はこれくらいにして、とりあえず今日もおいしいリンゴをたくさんの人に届けるお手伝いをしてきます。
ヨッシャ!

んで今晩、シンガーソングライターkoyomiさんのラジオに出演します。
20時から、FMアップルウェーブです。
お暇な方は、自分のたじたじトークを聞いてやってください。

じゃあ、今日も精一杯生き延びましょう!
posted by 成田翔一 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

too much pain

おはようございます。
昨日から弘前は急に寒くなりましたね。
他はどうだろう?
みんな風邪ひいてないかな?健康第一ですからね!
ご自愛ください。

昨夜は1ヶ月ぶりにフットサルをして、汗を流しました。
中学校時代のチームメイトや新しいメンツも何人かいてさ。
チームは20人オーバーの大所帯になっています。
輪が少しずつ広がっていくのは嬉しいね。

ブランクのせいかあんまり体が動かなかったけどな。
また少しずつ、トレーニングしなきゃ!

今朝も肌寒いですよ、山下達郎の唄がヤケに沁みます。

じゃ、今日もそれぞれの持ち場で、精一杯頑張りましょうね。



posted by 成田翔一 at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

what you got

こんにちは。
最近更新を怠り気味ですな。
毎日しぶとくアクセスしてくれていたみなさん、ごめんなさい。

誰にでもあるんだとは思うけど、「自分と向き合う期間」なんだと思います。ダメ男の自分にとっては必要なことです。

それは決して楽なことじゃなくて、涙とゲロなしでは語れないものなんだけど、それがなかなか悪くないです。涙やゲロの中にも必ず、宝石は、ある。
それが自分を成長させてくれるものならば、前向きにしてくれるものならば、しっかりと引き受けようと思っています。

なにかと気にかけて連絡をくれたみんなも、本当にありがとう。

俺は、バリバリ元気で、しっかりと生きていますよ。ライブや、サッカー、酒の席でもいいや、次に会えるのを楽しみにしてるぜ!

今日もみなさん気合入れていきましょう!!
posted by 成田翔一 at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

Life goes on and music still goes on

音楽はいつだってダメダメな俺に力と勇気をくれる。
愛だろ、愛。

life goes on / 日々は続く 

鳥たちが夕暮れの空に 不気味でシュールな絵を描いている
駅前のネオンサイン 決して交わることのない 無数の電波が飛び交っている
腐って朽ち果てていくのは いつだって食い物だけじゃないらしい
暮れてゆく空に 紫の月に 兄弟 あんたを想うのさ life goes on 

あんたは月とルナティックに踊り 俺は太陽の闇に踊らされて
「人生はカーニバルだ」って 互いに無茶な道を歩いてきた
けれどいつも同じトラブルばかり 性懲りもなく 繰り返すのは どうしてなんだって?
そこには多分 深い意味と 暗い闇と 血の轍とがあるのさ life goes on

メインストリートに吐いたゲロの中から 二人で宝石を拾ったっけ 
ピンチの時に 輝くんだよ どうしようもないときに 響いてくるんだよ 
生き残るためにグロテスクな人種になるしかないのだとしたら 
応えはノーだと 「人生はカーニバルだ」と もう一度云ってくれ life goes on 

あんたに願いを届けるために ツバメが飛び立っていったぜ
赤い喉で 背中は白い荒野で その翼にありったけの怒りを込めて 
でもあの空の裂け目から すべてが壊れはじめてる
急ぐんだ ブラザー 踊り続けようぜ 道を切り拓こうぜ life goes on

手に負えない怒り
流した後悔の涙
この血に脈々と流れる
暴力と嘆きの刃

すべて許してしまえ
すべて受け入れてしまえ
この世はいつだってジャングルなのさ
ミザリーとミステリー 

you choose to live.
you choose to give
you choose to believe.
you choose to survive

あんたは水で出来ている あんたは祈りで満ちている そしていつだって渇いている
あんたは怒りで出来ている だからそこはかとない優しさがある
あんたには消えない喜びと哀しみがある まだ熱く燃えるものがある
お互い 流れ続けようぜ 死ぬまで生き延びようぜ 道を切り拓こうぜ 踊り続けようぜ life goes on
posted by 成田翔一 at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

urgent

緊急連絡。
お世話になっているシンガーソングライターのタテタカコさんからです。

〜「タテタカコからお願いです」
 9月26日に、余命があと1年という方にお逢いしてきました。
 その方は、名古屋在住の中山晃一さん、37歳です。

 愛知県に住んでいる親しい方から、先日、中山晃一さんが肝臓移植をする為にお金が必要です。と、募金に対する協力のお願いが来ました。その話を聞いたとき、募金の協力ができるのか、本人に直接お逢いしないと何もできないと思いました。そうしないと、ライブに来てくださるお客さんや出逢った方にリアリティをもって伝えることはできないと思いました。

 中山さんは、中学生の頃、病院で輸血したことが原因で、C型肝炎にかかり、インターフェロンの治療の効果がないまま病状が進んでいきました。そして、肝硬変から肝癌を発症し、吐血を何度もして入退院を繰り返しているそうです。
 ご本人にお逢いした時、6キロやせられたそうで、見せてくださったお腹は、腹水でパンパンに大きくなって苦しそうでした。その影響で、もう何ヶ月も夕方になると39度の熱がでて、眠れませんと言っていました。

 日本で肝臓移植を受けるには、ドナー登録をして、順番が回ってくるのは5年、へたすれば10年かかるそうです。
 でも中山さんの余命は1年です。

 残された方法は、海外での臓器移植を受けるしかないのが現実です。
 アメリカのフロリダの病院で、中山さんを受け入れてくれることになりました。
 11月末までに、医療費等に7000万円用意しなければならないそうです。銀行の預金残高まで調べられて、そこにお金がなかったら受け入れてもらえないそうです。
 わしは、11月末まで、協力できることはしていこう、ライブ会場で、お客さんに募金のお願いをしていこうと決めました。

 このような状況の人は、世の中にたくさんいると思います。その人たち全てに協力することは、残念ながらわしにはできません。わしは、無力です。
 でも、実際にお逢いして、身近に感じた中山晃一さんに、協力したいと思いました。
 この人を救いたいと思いました。
 ということは、救いたい命を選んだというふうにも言えると思います。
 わしは、そのことを自覚した上で、中山さんの命が助かって欲しい、今の時点であきらめたくないと思いました。

 わし一人の力では、とうていおよびません。そしてあまりにも時間が迫っているのです。
 これを読んでくださっている方に、少しでも力をお借りしたいのです。

 ご協力、どうかよろしくお願いいたします。

 そして、表現者の方、チラシを置いていただける等、ご協力くださる方がいらっしゃいましたら、ご一報いただけますと嬉しいです。

 よろしくお願いいたします。

中山さんの詳細が書かれたホームページアドレスです。
http://www.koichihelp.com

 読んでくださってありがとうございまいした。
タテタカコ
2008年10月3日〜

僕ももちろん、募金・ブログへの転載という形で協力させてもらいます。
賛同して頂ける方は、shoichi.narita@gmail.comまでご連絡ください。

生きていると本当に悲しい出来事が多いですが、転ぶならせめて、前のめりに転んでやりましょう。
そしてツライ時ほど、手を繋ぎ、どんなにささいでも、自分に出来る事を。

ショウイチより、読んでくれているみなさんへ。
posted by 成田翔一 at 18:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOU

母親が誕生日のお祝いに、ライブに連れていってくれる。
近藤房之介の優しい歌声にノックアウトされる。
涙腺直撃。
そういや昨日はJOHN LENNONの誕生日だったなあ。

朝に聴いていたラジオの人生相談で、
「他の人の幸せを考えられるのが本当に優しい人だ」
というような意味の言葉を聞く。
俺に欠けている部分でもあり、考え込む。
一緒にいた某兄弟分に、
「アンタの幸せは?」
と聞いたところ、
「お前が笑顔でいてくれることだよ。」と。
涙腺直撃その2。

いつかさ、ジョンみたいに優しい音楽を鳴らせる、男になりたい。

posted by 成田翔一 at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

take it easy!!!!

こんにちは。

色々とありました。

色々と考えて、色々と教えてもらった。

そのぶん、色々と学んだ。

そして色々な袋小路に迷い込み、挙句、世界で一番の言葉に出会った。

「ゲロの中にも宝石があるから、もしあったら、それを拾え。」

さあ、あとは自分の足で立つだけだ。

お前には音楽がある。

そして最高の仲間達がいる。

怖れるものなど、何一つ、ない。

お前のスタートラインは今、ここだ。

自分を信じることだ、自分のハートを信じること。

相変わらず、秋が大好きだ。


posted by 成田翔一 at 14:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする