2008年08月15日

to my gran-dad, brother and everyone

happy 盆。merry 盆。have a nice盆。
違うな。
盆の挨拶ってなんだろ?
ジイチャンのとこに線香あげに行かないとな。ジイチャン死んでもう5ヶ月か。早いもんだな。
こっちに帰ってきてんのかな?夢ででも少しでも、姿見せてよ。

そして今日は。
一番近い人の誕生日だ。28歳だ。おめでとう。
アンタも歳くったな。けど俺らも全然変わらねえよな?
ハートは10代のままだよな?
色々あったけど、これからもっと色々あるぜ。
ワクワクすんな。
これからもよろしくな。

最後に、とある人の薦めで前から読みたいと思っていた山田スイッチさんの本を数冊読んだ。
素晴らしい。心に残る言葉がたくさんでてきた。
少しの言葉で人の心を動かすことができる、
これぞアーティストだ。
文字、音、絵、動き。
芸術は様々だけど、いいものには共通した熱がある。

今日から数回にわたって彼女の言葉を紹介したいと思います。
物語の前後がわからなくても伝わるように、若干手を入れさせてもらいました。

〜「人」と「人」の間にある「壁」というものは、どう乗り越えてよいかわからない人生の障害であって、その壁がある限り、ジリジリとした得体の知れないジレンマを感じるという、やっかいな代物である。
その壁さえなければ、一つ向こう側に、お互いの意識の泉に飛び込むことができるのに、大概の人はその方法を知らずに苦しんでばかりいる。
だが一つ気付いた方法がある。
どうしてもわかり合えない相手がいたら、一度殴ってみたらいいのある。
暴力とは最大のコミュニケーションである。
殴ってもわかり合えない相手とは、どのみち、一生わかり合えない。屁理屈を作っているのは、自分の壁である。自分を守ろうと頑張る限り、その壁はなくならない。自分の壁がある限り、その泉には飛び込めない。
壁を守る人間を相手に一体何をしたらいいのか?
ボコボコにすればいいのである。
壁は壊れる。意識の泉は流れ込む。〜

山田スイッチ

素晴らしい。



posted by 成田翔一 at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。