2008年08月31日

hello

P1010002.JPG
posted by 成田翔一 at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

secret

暴飲暴食・不摂生が続いた体に鞭を打つかのようにボールを蹴る。

帰ってオヤジとビールを飲みながらイーグルスのライブ映像を観る。

眠くても眠れない体と心を落ち着かせるかのように活字の海を泳ぐ。

気が付けば、朝でした。

文武両道。
自分を見失うようなことは、ありません。

八月も終わります。
posted by 成田翔一 at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

in Tokyo city

東京へ。

ミッション。
いつも自分が生活している鳥かごから飛び出して、外の世界をみてくること。

山手線通勤ラッシュの洗礼、東京独特の嫌〜な湿気。
電車の中でモミクシャにされながら、サウナのような湿度の中、暑そうなスーツに身を包んで汗かきながら文句も言わずに通勤し、会社のために身を粉にして働く。
とても自分にはマネできないことだろうな。
みんなそれぞれの戦場が、ある。恐るべし、東京。

東京で就職し、順調に出世し、なかなかな生活をしている仲間。
昔は弘前で一緒に音楽に打ち込んだヤツである。
彼のゴージャスなマンションに招待される。
家賃は・・・ほぼ俺の月給と同額。恐るべし、東京PART2。

ひたすら街を歩く。
様々な角度から、わが町弘前と比較してみる。
人間の頭数が多い分、そこに渦巻く欲望のエネルギーも凄まじいものがある。黙っていてもその辺に人はウジャウジャいる。だが他人には恐ろしく無関心。今の弘前は元気がないが、だからといってこうなる必要は、ない。
俺みたいに打たれ弱い人間が生きていくことは難しいだろう、押し潰されてしまう。恐るべし、東京PART3。

国立競技場にて、Jリーグの試合を生で観戦。
浦和レッズ対東京ヴェルディ。
た、楽しい・・・もしも東京に住んでいたら、毎試合来てしまうだろうな・・・
その夜、弘前出身の仲間が集まり、酒を飲む。
都心の居酒屋で炸裂する津軽弁トーク。
方言を恥じることはありません。堂々と喋りましょう。
来てくれたM、K、どうもありがとう。

最後の夜、横浜に住む弟と飲む。
家族はみんな元気だぜ、心配することはないよ、今そこでお前が出来る事を頑張ってくれ。
そしてまた正月に、会おう。

in TOKYO city.
あまりにもたくさんの人・人・人。
スタイルも違えば人種の違う人だってたくさんいる。
いつも東京に来て思うこと。
「自分」なんて決して特別な存在なんかじゃないってこと。それに気付くと同時に、だからこそ、より強い「自分」をしっかりと持っていなければな、と。
東京にいようが弘前にいようが、確固たる「自分」「意志」を持つことが何より肝心なのである。

そんなことを今回の旅で、強く、思った。

たまに旅は、いいもんです。
国立.jpg








posted by 成田翔一 at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

bye!

最近は本当に辛いものばかり食べているなあ。
激辛ラーメン・激辛カレー。
一味唐辛子とラー油が手放せない。
終いには白米にもラー油をかけて食べてました。(あまりオススメできません)
物足りなかった夏や変わり映えのない毎日、刺激に飢えてるんかね。

さ、明日からちょっくら旅に出ます。
一年に一回は、遠くへ行くのです。
一日中酒を飲みながら、車窓から景色を眺め、音楽を聴きながらボーッとしたり、活字に身をまかせたり。
今回の旅のお供は、ローリングストーンズ、ジョー・ストラマー、志賀直哉・ツルゲーネフ。
準備はOK.

自分と向き合う時間だって必要だ。
東京タワーに登ってこようか。

「始まりがあれば、終わりはある」か。
なんとも言えないね。
まあ、アンタには俺らがついてるよ。

bye.


posted by 成田翔一 at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

hangover

激しい二日酔いで使い物にならず。





ニャン
posted by 成田翔一 at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

summer is gone away

寒いですね。
こないだまでエアコンつけてたのにな。
今現在午後2時で18度。
今日の最低気温は12度。もう半袖じゃいられない・・・
まあ、嫌いな季節じゃないけどさ、まだ8月だぜ?

さて。
オリンピック。リレーとかソフトボールとか、素晴らしいですね。
メダルはとれなかったけど、死力を尽くして負けていった選手達にも、乾杯。勇気をもらいました。
ジャマイカのボルト選手も凄いっす。
彼のパフォーマンスに苦言を呈する人もいるらしいですが、それで傷ついた人でもいるのかな?
世界一になった彼にしかわからない気持ちもあると思うんだけどな。

それにしてもスポーツはいい。
実力だけでなく、時の運、コンディション、観衆、色んな要素に左右されながらも、応援する人間を心から感動させてくれる。
今回の北京オリンピックでは、「中国という国」の様々な問題が取り上げられて、オリンピック自体が開催できないんじゃないかって騒がれたりもした。
けどさ、人々の楽しみを妨害して警察官を殺してみたり、ダフ屋をしてみたり、試合中に必要以上のブーイングをしてみたり。中国自体だってデモ容認の約束をことごとく破ってみたり。
そんなつまらないことに時間や金を使うくらいなら、そういう人達こそ、スポーツでもすればいいんですよ。
つまらない人間は一度「真剣」に、スポーツに取り組んでみるべきだ。心が少しは豊かになるかもしれないぜ。

そういえばさ、ウチにもうかれこれ17年もいるカワイイ犬がいるんだけどさ。
彼女もうオバアチャンなんだ。
んで昨日突然歩けなくなって。
でも必死に立とうとしてプルプルしてて。
昨日まであんなにウロチョロ歩き回ってたのにな。
もう耳だってほとんど聞こえてないけどさ、毎日ウチに帰ってお前が俺に反応してくれれば、スゲエ嬉しいんだぜ?
いつもありがとうな。
まだまだたくさん飯食えよ。ウンコもションベンもちゃんと責任もって面倒みるからさ、まだまだ長生きしてくれよ。
そしたら俺からお前に、とびきりの金メダル、プレゼントするからさ。



posted by 成田翔一 at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

live forever

先日、お世話になっている先輩が遊びに来てくれた。

彼は最近、永くお付き合いしていた彼女さんと別れたらしい。
本当は一言で片付けられるようなことではないはずだけど、そのことについての説明を短い言葉でしてくれた。それがとても印象に残っている。

曰く、
「二人が同じ方向を向いていなかったから。」
だそうだ。
それ以上も、それ以下もない。

相手のことを想うあまり、もしくは自分を理解してもらいたいがために、
→←
こういう状態になっていたのだという。
これじゃあ、ぶつかり合うばかり。
そしてゆくゆくは
←→
こうなってしまう。

理想的なのは、


こういうことらしい。

要するに、
「同じ方向を向いていないと、一緒に歩いてはいけない。」
ということだ。
どちらかが少しでも傾けば、一点で交わり、やがて少しずつ、離れていく。

短い言葉だったけど、きっとこういうことなんだろうな、って解釈した。
勉強になりました。

〜私のあの人は、私が、私のやりたいようにしか生きられないことを一番よく知っていて、その弊害を一番被ってて、それを全部受け入れていきた人だ。
多分、一緒に死ぬことができる人なんてのはこの世にたくさんいると思う。一緒にいると息が吸えなくなるような人だ。それか多分恋なんだけど。
でも、一緒に生きていける人ってのは、本当に限られた数しかいないんじゃなかろうかと思う。息をするように、自分が自分でいてもいい相手に会ったなら、その人が、一生関わり合っていける相手なんだと思う。〜
山田スイッチ
posted by 成田翔一 at 12:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

four seasons

す、涼しい・・・

夏も終わりのようです。僕の住む街弘前、日中から気温20度ですよ?
なんて素敵な季節なんだろ。
久しぶりにひっぱりだしてきて聴いたCDなんかと一緒に、昔のso sweetな記憶が頭を巡ったりします。秋ってそういうパワー、あるよね。

季節の変わり目、体調などを崩さないように、自分の持ち場でやるべきことを、変わらず頑張っていきましょうね。

季節は容赦なく次々と流れていきますが、その中で変わらない確かな何か、それが大切なんだと思います。

実際に自分の手で触れて、目で見て、耳で聞いたこと。
言葉から感じて、目線から読み取って、温度から確かめたこと。

デタラメなことばっかりな世の中、確かなものは自分で見つけて行きましょう。

痛っ!ニキビが潰れました。

〜魚を料理してると時折、自分の頭と身体と心が、自分の身体に還ってくるような感じがするのだ。あからさまに、「生」なものを扱ってる時の、「生々しさ」というのは、頭だけで物事が済みそうなこの世の中には必要だと思ったりする。ヒタっとしてたり、ぬぺっとしてたり、その「気持ち悪い気持ちよさ」の感触から、自分があからさまに自分の身体を使って生きてることを、ぞわぞわと感じることができる。〜
山田スイッチ
posted by 成田翔一 at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

be egoistic

盆を一週間間違えて帰省した友人(笑)と、兄弟分と3人で飲む。

語る、語る。そして語る。

僕らに必要なことは、もっと自己主張をすることだ。
もっとエゴイスティックになることだ。
「調和」が全てではない。
やりたい事をやりたい時にやりたい風にやればいい。

周りがなんと言おうが、自分で決めたならやればいい。

何を恐れてる?

〜自分のやりたいことに正直になろうとしたら、物事はきちんと考えてはいけない。そんなんキチンと考えたなら、社員になるのが一番いいに決まってんじゃん!年金だって、払うに越したことはない。しかし、サイコロの目は六までしか出ないと思ってしまったら、七は出せないのである〜
山田スイッチ
posted by 成田翔一 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

GET OFF

こんにちは。

高校の時の同級生が遊びにきました。
連絡先を聞かれました。
僕は携帯電話を持っていません。
「は?」
「携帯ないの?」

まるで宇宙人を見ているかのごとく、驚かれてしまいました。

ダメですよ、携帯電話とか、パソコンとかに依存してちゃ。

PCで音楽と関わって、本当に音楽を聴いた気分になっていちゃいかんとですよ。
音楽は、生です。ライブです。

バンドだってそうです。
ミクシイでコミュニティ〜人突破、とか、ブログでHPの訪問数自慢してるようじゃ、ダメですよ。
そんなんロックじゃないっす。

小手先のテクニックで音楽は語れません。
自分の信者を集めて村を作っているようなバンドは悪徳宗教っすよ。

嫌われ者でかまいません。

〜人生、行き当たりばったり〜
山田スイッチ







posted by 成田翔一 at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

it's wonderful world

古い友人の帰省や夏のライブイベントや祭り。
慌しかった夏の日々もようやく一段落。

再開した読書やトレーニング。
自分に厳しく、いい時のイメージを逃がさないようにする。
身体を鍛え、頭を鍛える。
通常運転モードへの切り替えだ。

激しく身体をイジメ、
静かに、活字や漫画を読む。


浅野いにお。
彼の漫画の世界観に惹かれている。
「ソラニン」に続き、「素晴らしい世界」。
涙腺崩壊、である。
派手さはないのに、じんわりと自分の生活にリンクしてくる。
これだ、この熱だ。
こういう熱を、音楽で表現したい。
道のりはまだまだ長いのである。
素晴らしい世界.jpg

しかし、である。
最近ヤケに涙もろくなっているのは自分だけだろうか?
この歳になって特に、である。
オリンピック選手がメダルに届いた瞬間や、活字、漫画でもそうだ。
気が付けば涙ぐんでいる自分がいることが多い。
昔に比べ、格段に多い。
「感動」か。
でもきっと「感動」した分しか他人を「感動」させられないだろうからね。
身近にある「感動」を見逃さないようにしよう。


〜食べた分のウンコは、いつかは必ず、出るはずである。〜
山田スイッチ


posted by 成田翔一 at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

song for someone

もう弘前の風は、すっかり秋のそれですね。
気持ちエエです。
秋は自分の季節です。調子が上がります。

一昨日、高校時代のサッカー部の仲間達が集まって試合をした。数人を除いて大多数が集まる。同窓会やそういう類の集まりを毛嫌いして一度も行ったことのなかった自分。ほとんどのやつが高校を卒業して依頼だからもう9年か。

結婚してパパになったヤツ。刑事になって殺人課にいるヤツ。。某有名大企業で高給をとってるヤツ(断固、飲み代はおごってくれなかった 涙)。教師になったヤツ(見た目は残念ながら極道以外の何者でもない。写真1の一番奥参照)。マネージャーもほぼ全員既婚。みんなしっかりと自分の幸せに向かって着実に歩を進めてる感じだった。
打ち上げでは、当時話せなかったようなことや、みんなの現状など。

なあんだ、同窓会って悪くないじゃん。
また、今までの自分に原因があったことに気付く。若かりし頃。確かに俺は尖ってた。周りはみんな敵だと思ってた。
しかし、俺は自分の弱さをも受容した、大きい男になるのだ。

みんな今なら素敵な仲間と呼べそうだ。
うん、みんなまた会おう。ありがとう。
サッカー部1.jpg

サッカー部2.jpg


〜世界に対する絶望とは、ありのままの自分を受け入れることの拒否であると思う。たとえ弱くても無意味でも、ありのままの自分を受け入れられれば、世界は少し、やさしくなる。〜
山田スイッチ
posted by 成田翔一 at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

to my gran-dad, brother and everyone

happy 盆。merry 盆。have a nice盆。
違うな。
盆の挨拶ってなんだろ?
ジイチャンのとこに線香あげに行かないとな。ジイチャン死んでもう5ヶ月か。早いもんだな。
こっちに帰ってきてんのかな?夢ででも少しでも、姿見せてよ。

そして今日は。
一番近い人の誕生日だ。28歳だ。おめでとう。
アンタも歳くったな。けど俺らも全然変わらねえよな?
ハートは10代のままだよな?
色々あったけど、これからもっと色々あるぜ。
ワクワクすんな。
これからもよろしくな。

最後に、とある人の薦めで前から読みたいと思っていた山田スイッチさんの本を数冊読んだ。
素晴らしい。心に残る言葉がたくさんでてきた。
少しの言葉で人の心を動かすことができる、
これぞアーティストだ。
文字、音、絵、動き。
芸術は様々だけど、いいものには共通した熱がある。

今日から数回にわたって彼女の言葉を紹介したいと思います。
物語の前後がわからなくても伝わるように、若干手を入れさせてもらいました。

〜「人」と「人」の間にある「壁」というものは、どう乗り越えてよいかわからない人生の障害であって、その壁がある限り、ジリジリとした得体の知れないジレンマを感じるという、やっかいな代物である。
その壁さえなければ、一つ向こう側に、お互いの意識の泉に飛び込むことができるのに、大概の人はその方法を知らずに苦しんでばかりいる。
だが一つ気付いた方法がある。
どうしてもわかり合えない相手がいたら、一度殴ってみたらいいのある。
暴力とは最大のコミュニケーションである。
殴ってもわかり合えない相手とは、どのみち、一生わかり合えない。屁理屈を作っているのは、自分の壁である。自分を守ろうと頑張る限り、その壁はなくならない。自分の壁がある限り、その泉には飛び込めない。
壁を守る人間を相手に一体何をしたらいいのか?
ボコボコにすればいいのである。
壁は壊れる。意識の泉は流れ込む。〜

山田スイッチ

素晴らしい。

posted by 成田翔一 at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

sea knows everything

タスク.bmp
海1.bmp

海へ。
何年かぶりに泳いでみる(浮き輪でだけど)。

飲み、食い、語り、歌い、仲間達と夏を謳歌する。

夕方、沈んでいく夕日に見とれていた僕に、写真のイタリア人のような彼は言った。

「生かされている感じがしますね。」

まったくである。
たまにはいいこと言うな、オマエ。

こういうのはいささかベタではあるが、人間の悩みなんてチッポケなものである。

ありがとう、海。
posted by 成田翔一 at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

no pain no gain

昨日は縁あって世界的に有名なアーティストと飲ませてもらいました。
アメリカ人二人、日本人四人。そして日本人の一人はほぼネイティブばりに英会話ができる人なのでその場はもちろん全て英語。
いまだに頭の中はグルグルと英単語が回っています。

ジャンルに関係なく、スゲエ人はスゲエなと思いました。
格が違います。
モチベーションをグッと高めてもらいました。
東京ヒロさん、アレックス、ありがとう。

ああいう場はいいですね。自分の周りの小さな世界にとどまらない、world wideな男になりたいものです。

後ほど、写真をゲットできたら紹介したいと思ってます。

そして一昨日。
creepsドラマーのコダシマ兄貴の家で焼肉パーチー。
アンド八食センターライブの反省会。
と、言いつつバカ話と飲み食いに終始したことはここだけの秘密です。
写真はコダシマジュニア、俺の仲良しケイタです。
カワイイ!似てる!黒い!
20080810 001.jpg
20080810 009.jpg
can tower.JPG
posted by 成田翔一 at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

suspended

水泳の北島スゲエ!
世界新記録で金メダルか。

大勢の人の前で本番に、持っている力、もしくはそれ以上を遺憾なく発揮できる。
これぞプロフェッショナルなんでしょうな。
見習わなければ。

音楽にしても。
ステージに上がっても後悔の数の方が多いうちは、自分に負けているってことか。
準備できる全てのことをぬかりなくやって、万全の状態で心おきなく音楽に身を任せる。
こんな最低限のことができるミュージシャンは今、どのくらいいるだろう?
精進せなあきません。


昨夜、バンドで開かれた八食センターの反省会兼ライブ映像上映会にて感じた事。
今朝の北島の泳ぎを観て感じたこと。

宙ブラリになってフラフラしてる場合じゃねえ!

俺にはやらなければいけないことがたくさんある。

posted by 成田翔一 at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

summer still goes on

久しぶりの休日。
朝からジムに行って久しぶりに体をいじめる。
溜まっていた老廃物のようなものが汗と一緒に流れ落ちる気がする。

爽やか。

タンメンにラー油と一味唐辛子をドップリと入れて食す。
最近はめっぽう辛党なのである。

辛い。
ウマイ。

爽やか。

海を見る。
海はいつも力強く、時に恐ろしく、果てしなく美しい。

ネプタは終われど夏は続くのである。

竹内晃が自身のブログでライブなどの画像を紹介しています。
御覧あれ。
http://blog.livedoor.jp/white_bicycle/
posted by 成田翔一 at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

Melody

次の土曜日、心のよりどころだった、というか、心をギリギリで繋いでいたというか、要は今年の夏一番の出来事になりそうだったイベントが流れた。
落ち込む。
まあ、こういう時もある。
次にやってきた波にうまく乗っかるだけさ。
空っぽの週末。読書でもして静かに過ごすことにしようかな。


八食センターのライブをはさんでほぼ三週間、仕事を休んでいない。
野外ライブはもちろん、ネプタや帰省した友人との再会で連日連夜の飲酒。
要するに体はボロ雑巾のようである。

昨夜、布団に転がりこみ、開けたばっかりのビールを一口しか飲まないまま、夢の中へ。

13時間、死んだように眠る。

休息は必要である。
「仕事のできる人間は上手に自分を休ませられる人間だ」
とは自分が他人に言った言葉じゃないか。
読みかけの活字や英語や映画や。それらと向き合って少し自分をフラットに戻そう。祭りは終わったのだ。

I岡。仕事もそうだけど、肝臓もたまには休めろよ。
H川。今はゲストも迎えて、にぎやかで忙しい時期だな?気合だ!終わったらゆっくり休め。
T内さん。あなたの体や心が一番心配だ。その優しさを、時には自分に向けてあげてください。

こんな激しい日々に、大切なあんたがたがいなくなれば、俺は、ほどけてしまうのだ。




posted by 成田翔一 at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

party is over

ネプタを見る。

ビールを売る。そして飲む。たくさん飲む。

たくさんの人間と交わる。

色々な話をする。

将来について、真剣に考える。

今、自分は輝いているだろうか。

posted by 成田翔一 at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

pleasure

八食センターサマーフリーライブ。

前の日の夜中12時に着いてホテルにチェックイン。
八戸に住む友人に手を引かれ夜の街へ。

ここで朝7時まで飲む。
懐かし屋.bmp

そのまま会場入りし、ライブ。
八食ライブ.bmp

豪華な焼肉と海鮮物を食べながら。
creeps in 八食.bmp

憧れのlostage五味さんと。
lostage五味さん.jpg

素敵な二日間。
色々と案内してくれたり朝まで付き合ってくれた優ちゃん、
わざわざ弘前から来てくれたたくさんの仲間達、ホントにありがとう。
音楽ってエエな〜。

posted by 成田翔一 at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする