2008年06月30日

I shall be released

こんな僕にも仕事で忙しい日というのがあるのです。
あしからず。

心が休まらん。

posted by 成田翔一 at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

we need change!!

めっちゃいい天気ですね!

こないだまでの体調不良で体重が4キロも落ちたままです。
これは良くない!食わなきゃ!きっと筋肉も落ちたんだろうから、筋トレにも精を出さなければ!

男は男らしく、ガッツリ食ってナンボです。
そして暑くて厳しい夏を気合で乗り切りましょう!

そんな僕、今日の昼飯はご近所の名店「肉のトミタ」のカツサンド!
片手にはもちろんショピングバッグ!割り箸だって頂きませんとも!
そしてこのお店、か・な・りトラディッショナルなんですよ。
コンビニは便利だけど、身近にあるような踏ん張ってるお店にお金を落とすことも大事!
たかが数百円・・・
けど、チリは積もらなければ山にならない!
微々たるものだとしてもこの気持ち、行動がインポータントなのです。

変革は、あきらめてしまった人のもとには決して訪れません!

みんなで数ある不条理に抗って行きましょう!


posted by 成田翔一 at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

so long

完全防水の腕時計だって、水を弾かなくなる。
あんなに純粋だった心もだんだんと歳をとる。
あんなにくっついていた心も離れ離れになる。
とどのつまり、時は前にしか進めない。
そん中でやっていくしかないわけよ。

posted by 成田翔一 at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

he's in love

恋の病に侵されているヤツがいる。
うまくいかない恋について、アーだコーだと議論を繰り広げる。
彼曰く、
「友達には恵まれてるのに、恋愛ときたらなあ・・・苦笑」

それでいいのだ、と、思う。
お前が友達を大切にしているってことでもあるわけで。

人それぞれだとは思うけど個人的には、そう思う。
自分の中で「確固たる優先順位を持つ・なにものにも代えがたい大切なものを持つ」ということは、ブレない自分の柱がある、ということ。

願わくばどちらか取捨選択をしなければならない事態には遭遇したくないものだが、もしそうなった時に、譲れないものがあるかないかは大きな違いだ。

お前がもし失恋という海に溺れても(縁起悪い 笑)、
決して孤独という闇に包まれることは、ない。

お前には相談する友達がいて幸せだし、
俺には相談してくれる友達がいて、幸せだ。

そういう風にして、みんなで少しずつ、歳をとっていければ幸せだなって思う。

恋愛について・・・
自分的に、その9割は「タイミング」だと思います。

なんか恥ずかしいな 笑
たまにはいいやね。
posted by 成田翔一 at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

never give up

本日のモチベーション

「センス=自信だと僕は思います。自分のやっている事がダサイって思ったことなんて 一回もないぜ! 自分に負けることが 一番ダセーよ」
by 某友人

「才能のあるなしに関わらず、芸術に関わった喜びだけがあればよい。当たる当たらないは関係なく、続けていくべきだ。」
by 北野武

こんな俺でも誰かの力に、なれるはずだ。
posted by 成田翔一 at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

mmm

人には「想像力」というものがあるからして、時に何も言わないことが、一番の雄弁さであったりもする。

posted by 成田翔一 at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

music is good.

こんにちは。

出てきた出てきた。予想通りに。
秋葉原の殺人事件の模倣をする輩。大阪の駅で刃物振り回したアホと、渋谷で大量殺人を予告する書き込みをしたアホ。大阪府知事の暗殺を予告したアホ。

声を大にして言いたい。

アホ!

以上。

さて昨夜は竹内晃バンドの面々でミーティング。と称した飲み会。
体調を崩していた自分のためにスタジオでのリハを一回パスして、優しい兄貴2人がわざわざ企画してくれた、「翔一を励ます会」。
今はもう大分具合はいいので、励ます会というよりは快気祝い。そして日本代表のサッカーの試合観戦。
次々と出てくるおいしい料理とたくさんのお酒。(タンカレーが激ウマだった!) その辺のスポーツバーより気が利いているんじゃないかというくらい。
至福の時でした。ありがとうございます。
お返しは音楽で。
もちろん音楽の話もしたんすよ。アナログのプレイヤーが欲しいな。暖かい音。ロックなのに暖かい。
結局のところ、「早くスタジオで音出したいな!」ってところに話は着地。
これぞラケンローラー。
僕は僕にできる音楽を、今、鳴らしてゆくのであります。

アタイ、もう泣かない。
posted by 成田翔一 at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

My Life is Beer.

体調が良くなったのをいいことに、激しくお酒を飲んでいるのです。

僕が住む町会に、それはそれは素敵ないきつけの居酒屋があります。
同じ町会の人達がこよなく愛するそのお店。隣人の顔さえ知らないこの時代に、必要不可欠なコミュニティーなのです。

そこでは常連さんの誕生日がくれば、ママ主催で誕生パーティが催されます。
同じ町会の人達や、そうでなくてもいつもの顔が集まってドンチャンやるのですが、昨日はウチのオヤジのバースデイパーティ。

オヤジに対するバースデイプレゼントがシャ乱Qの写真集ですからね。
本当にナイスでアホな人が集まったもんだ、ご近所さん。

写真は石渡町会のボブディランと、田園町会のヴァンモリスン 笑(似てるよね!?)
マサ.jpg


オランダ負けた〜うお〜!!
posted by 成田翔一 at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

Drum Break

久しぶりに、お・さ・け・をたっぷり飲みました!
最高です!
最高です!

体がいい状態で、楽しいお酒を飲める。
なんて素晴らしいんだ!

普段行かないようなクラブイベント、パーティに行ってきました。
現場至上主義。
YO YO
元気な体マジリスペクト

音楽には色んな形があるのですね。
それでいいんだと思いました。
他ジャンルのお友達もできました。
posted by 成田翔一 at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

The Great Gatsby

スコット・フィッツジェラルドの「グレートギャツビー」という小説があります。
とても素晴らしい作品なのですが、特に書き出しの部分が気に入っています。

〜僕がまだ年若く、心に傷を負いやすかったころ、
父親がひとつ忠告を与えてくれた。その言葉に
ついて僕は、ことあるごとに考えをめぐらせてきた。
「誰かのことを批判したくなったときには、
 こう考えるようにするんだよ」
と父は言った。
 「すべての人が、
 おまえのように恵まれた条件を与えられたわけではないのだと」〜

全てにおいてフェアーな人間であることは難しい。
謙虚で優しい、とても素敵な文だと思います。

ある一定の時期までは「自分」というものは、ほとんどの人と何かが違っていて特別だと思いたいものでした。「特別である」ということはそれなりに「孤独だ」ということ。
しかしいくつかの挫折を経て、心に傷を負って、自分は特別でも孤独でもないと気付いてから、そこから本当の人生が始まったような気がします。

自分は特別な「なにか」ではない。
だから、輝くためには人一倍努力をしなければならない。
「恵まれた条件」を自分で掴み取るために。

自分の歳が若いかどうかなんて知らないけど、いまだに心に傷を負いやすいかもしれないけど、僕はまだスタートラインにいる。
物事のスタートに早いも遅いもない、はず。
踏ん張ってみよう、と思う。
posted by 成田翔一 at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

pledge

昔々、ジムモリソンは「行動をおこせ」と言いました。

日々自分の殻に閉じこもらないよう、外に出て、自分の外側に向けて「行動」をしていたつもりだったので、体調を崩してそれができなかったこの一ヶ月、色々な事を思いました。

まずは精神も肉体も、正常であることというのは何物にも代えられない素晴らしいことであるということですね。
家から出られずに静かに過ごしていると、まあ時にはそれも悪くないんですが、エネルギーの行き場がないのか、エネルギーそのものがないのかはわかりませんが、全てが悪循環に陥って、いい時の自分というものを思い出せなくなってしまいます。
「あんなに普通に〜していたのに」「外に出て行くことって意外にパワーが必要なんだな」
体が不自由で思い通りに動かせないと、精神的にフラストレーションがたまるのか、思考が自ずとマイナスになっていくわけです。
そしてそのマイナスがさらなる肉体的なマイナスを呼び起こす。

具体的に言うとあまりに女々しくてお恥ずかしいので自粛しますが、ここ数日、不安でなかなか眠りにつけないような夜もありました。

あんまりこういうことを書くといらない心配をかけてしまったり、読んでいる方々にもいい影響を及ぼすとは思えないんですが、あまりにも毎日が今述べたような感じで、変化もないので、恐怖心から、弱音を吐いてみました。
「溜めずに吐き出せ」これも大切な仲間に半ば説教交じりに諭された言葉。
沁みるぜ。

しかし、です。

「自分はこんなに悪いんだ、同情してくれ」ということを言う気なんて毛頭ないし、
どちらかというとこんな自分なんかよりもっともっと辛い思いをしている人はたくさんいると思うんですよね。

だから、必ず、復帰して、これを期に、といっては変ですが、パワーアップしてより活発に「行動」を起こしていきたいと思っています。

普通に何気なく毎日を過ごしているみなさん。
普通に朝起きる事ができて、色々嫌な事はありつつも普通に仕事ができて、仕事の後は気の合う仲間と食事をしたり酒を飲んだり。

そんな幸せなこと、ないなって思いますよ。

ありきたりで面白くもなんともないんですが、一日一日を、大切にしていきましょう。
そして今日も、自分にできることを、見つけていきましょう。

あ〜早くウマイ酒が飲みたい!!!!



posted by 成田翔一 at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

man of the man

こんにちは。

久々に話をしたかった仲間とじっくりと話す機会が設けられた。
いわゆる酒の席なわけだが、体調を壊していた自分に対し、過剰なほどの心配をしてくれた彼。活動の量や質、放出しているエネルギーは彼のほうが何倍もあるはずだ。
そんな彼のどこに他人を心配する余裕があるのだろう。
いつも通りの真っ直ぐな目で、真剣に自分の話に耳を傾けてくれる。
そして妥協のない真っ直ぐなアドバイス。

偏屈な自分に説教をしてくれるような人間は正直、あまりいない。
「俺は過去には興味がない。過去は捨てる。考えているのはいつも先のことだ。」
そいつの言葉が心にしっかりと刻まれた。
ありがとう、いつも助けられっぱなしだ。

男成田翔一、こんなところで終われない。大器は晩成なのさ。
みていやがれブラザー。ありがとう。お前は俺のモチベーションそのものさ。

そしてOちゃん、結婚おめでとう。
これからも宜しく。

よっしゃ!完全復活!
posted by 成田翔一 at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

be tough

こんにちは。
昨日の雷様は凄かったですね。高木ブーさんの仕業でしょうか。
ウチの愛犬ブランちゃんはパニック状態に陥って大変でしたよ。
飼い主に似たのさ、きっと。

さて病院に行って検査の結果を聞いてきたんですが、なんともパッとしないんですよね。これといって異常ないんだよな。

偏頭痛とそれに付随した精神的なものでしょう、って。

そっか〜。精神的なものでやはりこれだけ体に影響するのね。
獏が悪い夢を食べるように、きっと僕の心には何かが住んでいて、やる気とか、元気とか、覇気とか、いろんな気を食べてしまっているんだと思います。

甘えてるんでしょうね。
もう少し休んでから、復活します。
ビッとしますよ。
それにしてもこの頭痛は・・・

posted by 成田翔一 at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

oil money

こんにちは。
5月に暫定税率が復活になってからというもの、自転車通勤をしていたのですが、昨日所用で車を使い、久しぶりにガソリンスタンドに立ち寄ったのですが、¥1000で5.99Lですよ。
驚きました。まあニュースで大体の値段は知っていたのですが、実際給油してみて初めて実感しますね。時代は僕に、「君みたいな貧乏人は車に乗るべきではない」と言っているようです。
原油価格の高騰のおかげで苦しんでいる人はたくさんいるんだろうな。
でも卸売りの会社はボロ儲けらしいし、先物取引の投機筋なんてゲーム感覚で大儲けした上、実質それが値段を引き上げたりもしているようだ。
なんだかなあ。

「ここで余るものが、どこかで足りない。」
「誰かが笑うとき、必ず誰かは泣いていた。」

それが世の中の真理なのかなあ。
僕らにできる事ってなんだろう。
posted by 成田翔一 at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

fight a lone battle

アホがアホを生み、
バカがバカを生み、結局は
類が友を呼ぶ世の中。

そんな言葉がふいに頭にポカンと浮かんだ。
生きていくためには嫌な人間とも付き合わなければイカン。
生活を繋ぐためには居心地の悪い場所に身を置かなければいけないこともある。
職場や、体制や、あまりにも無関心な輩に腹を立てることもある。
真っ直ぐに生きたいだけなのに、あまりにもつじつまの合わないことが多すぎる。

それがたとえば孤立無援の離れ島だったとしても、自分の信じた場所に身を置くこと、が大切な気がする。
こんな世の中だからなおさら、ね。
だからこそアホなやつにはアホ、と言い続けることは確かな自分の意志を繋ぎとめることにもなると思う。

韓国のデモじゃないけど、NOは、NOだ。YESと言わずにNOと言おう。
みせかけ社会、じゃダメだし、見てみぬふり社会、もダメ。
苦しくても真っ直ぐに生きていこうな。

信頼できる人間とそんな話をした。
タンタンメンはうまかった。

類は友を呼ぶ。
信頼できる人間が集まって信頼できる場所を作りたい。
小さくてもいい。
そう、思った。
posted by 成田翔一 at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

he was elite

こんにちは。
仕事で銀行に出かけたのですが、両替機から出てきた千円札をみて、野口英世さんがあんまり世界のナベアツに似ていたので、一人で笑ってしまいました。完全に不審者ですな。
まるで「お金が大好きで笑っている」みたいじゃん。嫌だな〜。ははは。

先日の秋葉原の事件を受けてナントカ官房長官みたいな人が、サバイバルナイフの規制強化を検討しているようです。
だ、か、ら。
そういうのじゃないって言ってんじゃん!ホントにとぼけてんな。
んなことしてたら包丁だってカッターだってアイスピックだって凶器になり得るんだから。物より者ですよ。

事件の犯人の生い立ちやなんやについての記事を読んでいると、小谷美紗子の唄の歌詞が頭に浮かんできました。

〜エリート通りを指さして 我が子の手を引く奥様
今が一番大事なのと 幼稚園という塾へ行く

かわいいヒヨコがだんだん にくたらしく論じている
遊ぶ時間がもったいないと 黒ブチめがねを光らせる

エリート通りを歩いてきた 町でも良い子と評判の
彼が今では殺人者 エリート通りの穴に落ちた

小さい頃にできなかった失敗の集まり
今さら過去を恨んでももう先しかないんだから
ロウヤの中は冷たいが彼の人生やっと 失敗して初めてそこから始まる

かわいい我が子をカゴに入れて大事に守って温めて
カゴから出したらぬけがらだった 自分にそっくりなぬけがらだった

1+1を習う前にHOW TOコミュニケーションを探して
二次関数、教える前にキャッチボールを一緒にやろう

眠っている時のように空飛ぶ夢を見て欲しい
雨にこごえる捨て犬を見つめるような表情、見せて

かわいい我が子をカゴに入れて大事に守って温めて
かごから出したらロボットだった 淋しく固いロボットだった

ロウヤの中は冷たいが彼の人生やっと 失敗して初めてそこから始まる

かわいい我が子をカゴに入れて大事に守って温めて
カゴから出したらぬけがらだった 自分にそっくりなぬけがらだった〜



犯人の気持ちなんてわからないけど、理解しようと努めることは、関心を持つという意味でも必要な事なのかもしれないですね。


posted by 成田翔一 at 13:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

bad news

こんにちは。

本日避けて通れないのはもちろん秋葉原の通り魔事件。
一通り記事に目を通し、様々な人の意見にも耳を傾けてみたものの、自分の中に残ったのは激しい虚脱感と行き場のない怒り。
もはや言葉にならない。
先日亡くなった僕の祖父。病床での死とは言え、91歳の大往生。こんな言い方ひどいかも知れませんが、ある程度予期できるものはあったにしろ、亡くなったあとの喪失感や悲しみは筆舌に尽くしがたいものがあった。
比べられるものではないし、比べるべきでもないことだけど、今回の事件で突然命を奪われた被害者の遺族の気持ち。
彼らのキズはもう、一生癒されることはないんだと思います。一瞬で人生は真っ暗になってしまう。
これだけこんな事件が相次げば、なんといったらいいのか、もうわからなくなってきてしまいます。何が大切で、何が尊くて、何が悲しくて、何が幸せで、何がやっていいことで、何がそうでないことか。

もっとじっくり考えてみたいと思います。

こういった悲しい事件や、僕らの良くならない暮らしぶり。行政についてや環境の問題。
様々なジャンルで時計の針は確実に時を進めていて、良くも悪くも変化していく。
その実態をしっかりと把握し、自分達に今できることを、模索する。
そんな今、確かに必要なメッセージがたくさん溢れる、愛読しているサイトがあります。

このサイトの6月8日の日記には、たくさんの人に理解してもらいたい、また、理解しなくてはならないメッセージが詰まっていました。
無断で抜粋します。(後記・・・転載の旨を念のため当サイトにメールで報告したところ、光栄にも御本人から直接許可を頂きました。ありがとうございます。)著者のカジポンさんの想いが、一人でも多くの人に伝わりますように。
そして僕ら一人一人が持っている力の大切さ、問題意識を持つことの重要さを広めることに、微力でもお手伝いになればと思います。

〜秋葉原の通り魔事件、「誰でもよかった」って酷すぎ…。
最近は“死刑になりたくて誰かを殺したかった”という、到底納得できない自己中心的な犯行理由もよく聞く。
自暴自棄になったとはいえ、そこまでするものなのか?あまりに命が軽すぎる。
今日が池田小の事件と同じ日というのも不気味な符号だ。
一見、幸せそうに見える人でも、みんな周囲に言わないだけで、各々いろんな辛いことを抱えて頑張って生きている。誰もが外に出せない悩みや悲しみを持っているもの。他人も踏ん張って生きていることを考えることが出来ない“想像力の欠如”が、「誰でもよかった」と他人を巻き込む心理を生む。

/安易に社会の問題と結びつける気はないけれど、さすがにこうも同様の事件が続いていると、やはり“想像力の欠如”は、日本社会全体を包み込んでいると思う。その空気を作っているのは政治・行政(それを許している国民も責任あり)。“想像力”があれば政治家や役人は、低所得者、高齢者、障害者を追い詰める政策を、こうも次々と打ち出せないハズ。二言目には「財源がない」と言いながら、無駄金をめぐる省庁の不正は後を絶たず(先週発覚したタクシー接待も呆れ果てた)、福田首相は1泊136万円の部屋に宿泊。地方では生活保護を切られて餓死者が出ているのに、約300兆円の特別会計予算(利権の巣窟)の闇は放置。政府はもっと温かい血が通った国政を行うべき。

/犯罪防止に防犯カメラをいくら増設したところで、最初から捕まる気でいる人間の凶行を止めることは出来ない。子供に対して親や地域社会が命の尊さを、何度も、何度も、何度も、伝えていかねばならない。ただこれが難しいのは、当の大人自身が、自分の命を尊いものと実感させてくれる社会に生きていないことだ。正社員は延々と続くサービス残業で過労死寸前になり、派遣労働者は不必要となれば簡単に解雇される不安定な生活を送っている。大人がボロボロなのに、そういう状況で子供に生命の尊さを語っても、言葉に魂がこもらない。社会のあり方を根本的に見直すときだが、権力者や経団連、富裕層が“自分たちさえリッチに暮らせれば社会が荒廃しても関係ない”と無関心でいる限り、現状を軌道修正するのは非常に困難だろう。※他者の心の中を思う力を、芸術は何よりも培ってくれる。芸術に感動することは、他人の心に自分の心を重ねることだから。だが、政府は予算縮小で各地の美術館を閉鎖に追い込み、オーケストラへの助成金をカットしている。映画、古典芸能、ミュージカルもバックアップ不足で高すぎる。欧米では日本の半額くらいで映画や舞台芸術を楽しめるので、国民と芸術の距離がグッと近い。ホント、この国はお金を削る場所を間違っている。

//先日の報道で昨年の自殺者数がまた3万人を突破したと伝えられた。これで10年連続。約15分に1人が命を絶っている。

//国会の超党派でサマータイム法案を出す気だが、冗談じゃない。経団連は「温暖化対策」と言ってるが、「サービス残業の時間を増やしたい」という魂胆が見え見え。首相は「欧州では普通」と言ってるが、欧州は残業がないんだってば。一部分だけをピックアップして“世界標準に”など笑止千万。

//ヒラリー氏が大統領選から撤退表明。最後までオバマ氏と僅差だったし、よく健闘したと思う。選挙戦の確執は早く水に流して、ぜひオバマ氏とタッグを組んで副大統領候補になって欲しい。ハッキリ言って、共和党候補のマケインは手強い(無能なブッシュでさえ再選されるほど共和党の基盤は強固)。黒人への差別も根強く残っており、ヒラリー氏のバックアップがあっても厳しい戦いになるだろう。投票日の11月まであと5ヶ月。両名が一丸となってマケインに打ち勝って欲しい。〜

http://kajipon.sakura.ne.jp/
posted by 成田翔一 at 16:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

summer festival!

こんにちは。
今日は暖かいですね。次第に夏に近づいているんだと思います。
その前にジメジメとした梅雨がやってくるわけですが、なんとなく雨も、梅雨も、嫌いではないです。
しかし真夏に川原で焼肉なんていいな。早くやりたいッスね。毎年恒例なんッスよ。

そして夏といえば。
毎年恒例の八食センターサマーフリーライブ。
まだフェス未経験の自分、今年は初参戦の予定なのでとても楽しみですね。
個人的にも大好きなバンドもやってくるわけで、今からワクワクです。
竹内アキラはというと、2日目の8月3日の出演予定です。
彼のソロになるか、我々バンドと一緒になるかはまだ未定ですが、ただ今リハの真っ最中であるからして、それまでにいいサウンドに仕上げ、納得のいくものがみせられるようであれば是非ともステージに立ちたいなとは思っています。
簡単に出演アーティストを紹介しておきます。

8月2日(土)
・ i go
・ SHACHI
・ locofrank
・ S.P.N POWER
・ OVER ARM THROW
・ STOMPIN’BIRD
・ PAN
・ THE LOCAL ART
・ RAZORS EDGE
・ the SHUWA
・ SABOTEN
・ 野孤禅

8月3日(日)
・ dust box
・ lost age
・ FC FIVE
・ OCEANLANE
・ FUCK YOU HEROES
・ サンボマスター
・ HOLSTEIN
・ S.M.N
・ HOT SQUALL
・ KAMOMEKAMOME
・ THE CHERRY COKES
・ 竹内晃

詳しくは、
http://www.849net.com/news/2008/05/summer-free-live-2008.html
主催者の意向により、出演順は発表されないようです。
無料ライブなので、普段あまりフェスとは無縁な方も是非、溢れる音楽の熱気とフェス特有のピースフルな雰囲気を味わいに行ってみてください!

では、今日もリハ。集中していきます!
posted by 成田翔一 at 13:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

I say a same thing as usual

こんにちは。
病はだんだんと回復へ向かっているようであります。
あとは頭痛さえ去ってくれれば・・・

先日、元プロサッカー選手、中田英寿氏のドキュメンタリー番組が放送されました。
自分は昔から彼のファンで、応援し続けてきたのですが、サッカー選手を引退してからも、世界中を旅していろんな人々に出会い、自分の目で様々な状況を見つめ、(貧困・環境破壊・内戦など)彼自身にできることを模索する姿に、共感を覚え、尊敬してやみません。
そんな彼がインタビューで言っていた何気ない一言に、激しく心は動かされました。
「何かを手にするためには、何かを捨て、犠牲にしなければならない。」
彼は世界を旅し、自分の経験値を上げ、糧にするために多くの時間とお金を費やしたわけです。
まあ、誰にでもできることではないのですが、彼自身の考えで、彼自身にしかできないことなんだと思います。
彼と同じように、とはいかないですが、現在の自分の苦労、貧乏は、未来の自分への投資だと考え、よりハードに、時間を大切にしていかなければいけませんね。
出し惜しみしない精神だ。

今、何もしてない人は未来もきっと変わらない。
ただ、今、苦しくても何かに向かっている人の未来には必ず輝ける何かが待っているんだと思います。
自分のため、地球のため、愛する街のため、愛する人達のため、自分にできることを少しずつ。
結局いつも同じことを言ってるんですけど、本当に強く思うことです。

今、自分にできるベストを。
posted by 成田翔一 at 13:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

rainy day

こんにちは、ども。
雨でございます。

あいも変わらずニュースでは欲望で塗り固められた腐った大人達の不祥事が持ち上がっていますね。
ああ醜い、醜い。
そんなんに比べればね、貧乏万歳ですよ。
金が無いなら無いなりの生き方がある。
金よりも笑顔の溢れる場所に、自分は居たいですよ。

最近友人から聞いた、某居酒屋女主人の名言。
会計のあまりの安さに驚く友人に一言、
「お金じゃないじゃん?」
そうですよ。
もっと大切なものは、確かに、ある。

人の弱みにつけこんで騙し、富を得る人間よりも、
人を信じたが故に騙され、損をとる人間でありたいです。

説教じみててすみません。

雨が、全部洗い流してくれればエエんですよ。




posted by 成田翔一 at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする