2008年05月27日

ice cream

昨夜は仲間のHAPPY BIRTHDAY PARTYで浴びるほど酒を飲む・・はずが、引き続き体調不良で断念。頭が割れてしまいそうな頭痛に悩まされているここ最近。
Oちゃん、ごめんね。次、ね!

ということで家にておとなしく芸術鑑賞。
「国が認めない人間国宝」と言われた伝説のフォークシンガー高田渡のドキュメンタリー映画。
なんていっていいかわからないけど、ステージでも日常でも人を惹きつけてやまない人物だったのが見てとれます。自宅で酒盛りの最中に寝る。居酒屋で取材の最中に寝る。挙句の果てには、ステージで本番中に、しかも歌の1番と2番の間に寝る。
そしてもちろん歌も不思議な魅力に溢れていて、歌詞がドカンと心の真ん中にぶつかってくるんですよね。
彼がリハーサルにてバックのミュージシャンに言った言葉が印象的。「浜辺に打ち上げられたヤシの実みたいな音を出して欲しいんだよ。」
う〜ん。と唸るしかありません。
なんていうか、それでいいのだ!と思います。「音」って目に見えないし、きっとそういう感じなんだと思います。そういうことを感覚的にわかるくらいのミュージシャンになりたいなって思いました。
そんでもちろん彼の「お酒好き」にも共感してしまい、休肝日の予定が無意識にウイスキーに手を出してしまいました。
ある種の「いい音楽」はお酒を飲む事で生まれる!場合もあるんだと勝手に思ってます。
なんにせよ、彼の紡いできた素敵な唄と、無邪気な生き様、リスペクトです。誰にでもできることじゃないっすよ。


最後に俺の一番好きな彼の唄のお気に入りの一節を。
〜一杯飲み屋で安酒をあおって
  それで毎日毎日が忘れられるというのなら
     僕は有り金の全てをはたいても
        有り金の全てをはたいても〜

R.I.P.
安らかに眠ってください。
タカダワタル的.jpg


posted by 成田翔一 at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。