2008年05月10日

Frustration in my blood

こんにちは。

先月ひと段落した自分のフットサルチームの活動。
今週から再び練習を開始したのですが、アレですね。いくら走りこんでもなかなか現役時代のような体のキレが戻ってきません。
当たり前に歳を重ねると同時に長年蓄積されてきた余分な肉や、なにか「怠け」の塊のようなものは容易には落ちてくれないようです。
しかし考えてみればそれもそのはず。
現役時代は平均して一週間に6.5日はサッカーをしていましたから。酒だって飲まなかったし、食事にも気を使っていたし。
それに比べたら今なんて、ボールに触るのは週一度。やはり何事も積み重ねなのでしょうな。
ひたむきにボールを追いかけ、輝いていた時代の自分が色濃く記憶に刷り込まれているので、今はそれに追いつこうと必死です。それが例えば昔の自分であれなんであれ、目標があるのはいいことだ。
と思う。たぶん。
健全な精神は健全な肉体に宿る!
っていうのとは少し違うけど、少しずつ、チームも、自分も前進させていきたいもんです。

興味のないものには一切関心を持てない自分、しかし一度のめり込んだものは「とことん」追求しなければ気がすまない、執拗な性格。(最も嫌われるタイプだな 笑)
自分が好きで始めたもの。それに賛同して集まってくれる仲間もいる。そんな彼らに甘えず自分が一番努力して、ひたむきでいたいなと思います。

うんとさ、いわゆる、趣味?
「趣味」って軽い感じがしてあんまり好きな言葉じゃないけど自分の本分以外にも、打ち込めるなにかがあるってのは、素敵なことだと思いますよ。

あ、でもまあもちろん、趣味の前に、本分だよ。
あなたの本当にやりたいこと、やるべきこと。
そう、随分回り道したけどそれが言いたかったんだ。


特にさ、若い世代の人達。
あなたが命をかけてでも掴みたいものは?守りたいものは?
世の中、頑張ってみる価値のあるもんだよ。そうじゃないと思うんなら自分らで変えてやろうよ。
もっと貪欲でいいと思うし、もっと欲望のまま、やりたいようにやればいい。
未来は自分で掴み取るもんだよ。
親の人生でなく、あなたの人生だ。
世の中、KYなんつって周りの空気を気にするようなことばっかり叫ばれてるけど、そうじゃあないぜ。
もっともっと自分をアピールして、跳ね返されたりウマクいかなかったなら、それはそれで自分が未熟だったんだ。もう一度チャレンジしようよ。
キズつく事とか、失敗する事を恐れ過ぎてはいないかい?
痛みのない伴わない成功はないぜ。

あ〜もう。なんかムズムズする。言うぜ?

もっとみんな外に出ようぜ!街を盛り上げようよ!バイトで金ためて自分の好きなことにもっと金使おうぜ!もっと遊べ!気に入らない事があったら怒れ!まだ若いんだからさ。
欲望を止めるな!人を傷つけない範囲で好きにやってみろよ!親に反対されたら理解してもらえるまで粘ってみろよ!
もちろん、人にはタイプがあるし、外に積極的に出て行かない人だっているよね。
それはそれ。やりたいことは家の中でだって出来るからね。

要は、なにか本気で打ち込めるものを見つけようぜ、って話さ。

元気のない弘前へ。
弘前を作っていくのはいつまでも腰が重いおエライさんじゃなくて、俺ら、そして君らだと思うよ。良くないと思ったことにはNO!!って叫べなきゃ悪いものは悪いままだ。
貧乏なら貧乏なりにやってみようよ。
心の貧乏が一番カッコ悪いぜ。
ボロは着てても心は錦だ。

ふう。
暑苦しいな。
スマン。

以上。


posted by 成田翔一 at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。