2008年04月24日

thanks a million

こんにちは。
春雨がなんだか爽やかです。

さて一昨日。
2ヶ月にわたって熱い戦いが繰り広げられてきたフットサルナイターリーグの最終戦。
結果は優勝。
得点王もウチのチームのエースが獲得。
そして行きつけの居酒屋を貸しきっての打ち上げ。
打ち上げも優勝 笑
18歳から27歳まで。試合に出た奴も、出場機会の少なかった奴も含め、チーム全員で勝ち取った勝利。そして一つのことを成し遂げた快感。
みんな次の日は仕事・学校にも関わらず打ち上げが終われば夜中の三時。
俺みたいなチンケな男の自己満足のチームだったはずが、今はすっかり世代を超えて団結した素晴らしいチーム。選手のみんな、応援し続けてくれたマネージャー、通訳のアニキ、みんなありがとう、こんなにも素敵なヤツラに囲まれて、幸せだ、俺。
この日が一つの節目だったけど、引き続きチームは続くよ。初心者だって見学だって誰でもwelcome。笑顔の絶えない、本当にいいチームだぜ。

そして昨日。
二日酔いの体に鞭打っていつも通りにジムへ。ちょいとキツメにトレーニング。
ここ数日間の蓄積されたアルコールを抜く。
そして午後。クリープス2代目のドラマー健一のお迎えで、ライブハウスMAG-NET主催の花見へ。
かのライブハウスの名の下に集まったそうそうたる面々。
こちらも若手から大ベテランまで世代を超えた音楽人の集まり。手作りの料理や釣りたての魚を頂きながら、早速抜いたばかりのアルコールを注入。
自分はというと、弘前の音楽界のドン、某Hさんとしばし談笑・散歩。
彼の偽りのない言葉と無邪気な笑顔に勇気をもらい、酒もすすむ。
そしてここにはkoyomiバンドも勢揃い。バンド4人で公園を一周したり、koyomiさんと恋愛話で盛りあがったり。
こちらも素敵な時間が流れる。
みんなありがとう、アゲイン。

そしてこのナイスな二日間の締めくくりは竹内晃レコーディングプロジェクトの始動。
とは言っても顔合わせは何度かしているので、音を出すのが初、という意味。
花見でのアルコールを醒ましてからの参加。
音楽。それは人が奏でるものであって、もちろんメンバーが変われば鳴らされる音も変わる。
今回はまあ、改めて自己紹介、といった感じの趣でした。
それぞれの音世界の確認作業。
これからまだまだ長く険しい道のりが待っているわけですが、昨夜集まった三人以外にもたくさんの人々の協力を得ながらも、素晴らしい音源を製作していければと思っております。


そういえば花見の席で同い年生まれのマブに「お前の日記おカタイよ〜」的なことを指摘されたのですが、
うん、確かにそうだ 笑

でもさ、面白いこと言えないんだ、俺。
そういうのはお前に任せたよ、マサルくん 笑

では、また。
soccer.jpg


posted by 成田翔一 at 15:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。