2008年04月17日

sincerity

ある人物に「誠実でない」と言われた。
あなたの言う「誠実さ」とは?
それは僕の「誠実さ」と同じ形のものでしょうか?

自分だけが辛い辛いと思いがちな人生、実はみんな一緒。

自ら「誠実さ」を語る人間のそれを、僕は信じない。
僕は僕の「誠実さ」を追いかけ、生きるのです。

答えは一つではなく、無限である。
そして大切なのは「答え」より、「問いかけ」そのもの。

反論して空気を汚す事でなく、受け入れていま一度、咀嚼してみた。
笑顔でその人と別れることができた。

何度も言うけど、
歳をとるということは悪くない。

人の振り見て我が振り直せ。
罪を憎んで人を憎まず。

雄弁な沈黙を僕は、手に入れた。

それにしても価値観の相違とはシンプルにして実にやっかいな問題だ。

そしていまだ自分は、限りなくちっぽけである。
願わくば、全てにおいてフェアーな人間になりたい。



posted by 成田翔一 at 13:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。