2008年04月07日

welcome home

4月。

久しぶりに、「匂い」や「色」を引き連れて春がやってくる。

久しぶりに、丁寧に熱いコーヒーを淹れる。

久しぶりに、外に出てコーヒーを飲みながら、弘前を眺める。

いつも通りに、仲間がそこにやってきて、

いつも通りに、とりとめのない話をする。

いつも通りに、みんなが集まる場所に集合し、

いつも通りに、みんなそろって食事をする。

なんとなく、タイヤを夏のそれに換え、

なんとなく、ビールを買って帰ってみる。

なんとなく、手に取った読みかけの小説と、一日の労を労ってくれるアルコール。

突如、やってくる懐かしい予感と、

突如、やってくる留保のない睡魔。

突如、訪れた深い眠りに、

突如、目覚めと共にやってきた一年ぶりに会う家族。

久しぶりに、交わされる兄弟間の会話や、

久しぶりに、思い出す遠い国の記憶。

久しぶりに、感じた熱に、

久しぶりに、スタウトビールが飲みたくなる。

4月。

それは心が動きやすい季節である。

今夜はきっとギネスを飲もう。

4月。



posted by 成田翔一 at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。