2008年04月06日

to accomplish something

こんにちは。

本当になんにでも言えることだと思うんだけど、全てにおいて、「やり始めてみなければわからないし、やり始めてみなければやり遂げることもない」と思う。

いつから簡単に諦めるようになったんだ?
いつからそんなに恐れるようになったんだ?
そして何をそんなに恐れているんだ?
恐怖という壁は自分が作っているんだ。
「めんどくさい!?」話にならん。
「どーせ〜〜だろ?」やる前からなんでわかる?お前は神か?
失敗するのが嫌だ?失敗したらそれを糧にもう一度チャレンジだ。
しりもちをつくのではなく、顔面から落ちたとしても前のめりに転べ。
また逃げるのか?
今までになにか一つでも成し遂げたか?

口先だけではなんとでも言える。
歳ばかり重ねて、何もしない人間でありたくない。

「今から考えたってわかりゃしないよ。結果は結果だ。
結果にこだわるから何もできなくなる。
それがいちばん愚劣なことなんだ。」
〜岡本太郎〜

もし他人に何かを強いられたとして、それはうまくいかないことが多い。
だから学校というものに何かを見出すことはできなかった。
ある作家はこう言った。
〜学校で僕らが学ぶもっとも重要なことは「もっとも重要なことは学校では学べない」という真理である〜
まったくだ。

ただ、今立っているこの場所は自分で選んだ場所だ。中途半端だけは納得がいかん。
やり遂げて、死んでやる。

計算高いだけの大人にはなりたくない。
生きてる限り追求し続けたい。
小さな街で小さな自分ができること。
ふんどしを締めなおせ。

「今お前にはなにが見える?こっちはいまだプロセスの上にいる。
なにも見えん。
しかしお前にはなにかが見えていることを祈る。
そしてそのために今、俺が頑張る。」
未来の自分へ。



posted by 成田翔一 at 12:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。